megaphone diary - DAOコンの皿反応が途切れる症状

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DAOコンの皿反応が途切れる症状

ということでドライバーで裏蓋を開けてみた。

daosara_kinnitsu.jpgdaosara_mijikai_area.jpg

左図は円形が均一な正常箇所。見ていただきたいのが右図。

箱内部のガリガリ音を放置したせいか、元から欠けてたのか不明だが、
円盤のギザギザ部分が均等ではなく、短くなってるエリアを発見。
ギザギザの先端がセンサーに届いてない為に無反応が起こった模様。

・対処法

daosara_sensa-bu.jpg

センサー部分の位置を指でつかんで微調整しました。
短くなってる部分もセンサーのゲートに届いてることがお分かりだろうか?
調整加減が数mmズレると、回し加減によって皿とセンサーがこすれてしまいます。
「コ」の字の針金の足がパキッと折れないように注意。
あと、赤い粉末が降りかかってたのでそれも綺麗にふき取り。
スポンサーサイト
TAG :
音ゲー環境

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

megaphone

Author:megaphone
2009年03月 藤沢のゲーセンにてIIDX 16 EMPRESS。
腕前変わらず万年10段でした。
IIDX NAME:DEA9
LR2ID:27

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
音ゲー分類タグ
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。