megaphone diary - 透過色の保存

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

透過色の保存

PNG・GIFファイルに透過色が保存されてることを知らなかったチュドーン

LR2用壁紙・スキン弄りに、有名編集ソフトが使いこなせず
ペイントやIrfanViewを使用してた。
「IrfanViewってその名のとおり、閲覧ソフトじゃないの?」
実は、サイズ変更、切り取り、文字入れ程度の編集機能があるのよね。

ただ、問題は透過色付きでの保存に関しは大雑把。
例えば黒色を透過色に指定した場合、黒い境界線・背景等の実在色が
まるごと透過色にされてしまうわけだ。

musicselect_before.png → musicselect_after.png
(IrfanViewで保存後、フォントの影がツルンツルンになったケース)

musicselect_before.png → musicselect_after2.png
(ペイントの場合、透過色保存自体の機能がない為こうなる)

そ・こ・で、GIMPをインストール。
バックに表示されてるチェッカーボードの下地が透過色エリアだと把握した。
今回は前回わけ分からずアンインストした二の舞にならないように、

「コピペ」「アンドゥ・リドゥ」「スポイト」「塗りつぶし」「表示倍率の変更」

この操作方法だけ覚えた。うん、これだけでも充分使えるぞ。
そして「透明ピクセルの色の保存」にチェックして、とりあえず保存完了、と。

musicselect_after3.png
(こんな感じに弄った後も、透過情報が維持されてる)

以下駄文

「フリーのお気に入り英語系フォントと日本語フォントをLR2セレクトの曲名フォントにする」
LR2付属のフォントユーティリティーの変換から定義するまでの情報が見当たらない。
自力でやれってことだろうけど、このミッションはひとまずあきらめるか長期保留。
(追記)
フォントユーティリティは日本語が収録されてるフォントのみ引用可能?
もしくはフォトリンクとか別の要因もからんでるかもしれない。
フォントの編集はFontforge等を使う。
ただ、変換後も文字間隔調整など地道な修正が必要かも。
てか、使いこなせてないだけか。

ということで、次は.csvファイルを参照して
・トータルノート数、EXスコアMAX値の表示場所移動
・AUTO UPDATEカウント表示
ができたらいいな。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

megaphone

Author:megaphone
2009年03月 藤沢のゲーセンにてIIDX 16 EMPRESS。
腕前変わらず万年10段でした。
IIDX NAME:DEA9
LR2ID:27

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
音ゲー分類タグ
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。