megaphone diary - らいつべ 配信者bmstest PCとマイク音声のステミキ設定に成功

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

らいつべ 配信者bmstest PCとマイク音声のステミキ設定に成功

テスト配信(ソースを「スピーカー」から「Input Mix」に変更
テスト配信(音声リセットしてもUSBマイクの遅延は解消されず
テスト配信(Input MixひとつでPC・マイク音声とも集音、遅延なし。途中爆音注意!

ようやく…ようやく…できたぞ。
ポイントはInput Mixへの音声の伝え方である。

らいつべ音声機器接続図
※SE-200PCIの仕様ページ他から画像拝借させていただいてまs

Input Mix単独ではPC音声を拾ってくれないので、
アナログLINE OUTとLINE INを赤白ケーブルで繋ぐ。
俺の場合はアンプとスピーカーを使ってるので、間にアンプをはさんで繋いでる。
前者も後者も音質・音の出る速さの違いは感じられなかった。

ロジクールのWEBカム内蔵のマイクは音を大きく拾ってくれるのだが、
コンマ数秒の遅延がある為、音ゲー配信ではかなり気になってしまう。

改めて、自分のらいつべ設定をここに記す。

■PC環境(自作PC)
Windows7(64bit)
Core i7 950
Memory 6GB
SSD 64GB、内蔵HDD500GBx2
サウンドボード SE-200PCI

■配信ツール(Livetube.cc/start
・画面
640x480,30枚数/秒(or 29),768kbps(音声160kbps,FLV9(H.264
・Logicool Webcam Pro 9000
・Input Mix(Envy24 Family Audio

■LR2beta3
プレイ時はフルスクリーン、配信状況確認の際はウィンドウモードに切り替え。
WASAPI ・・・ ASIO4ALLだと配信の音声が出ない。DirectSoundは体感遅延ありあり。
FMOD Exを使用しない ・・・ チェックはずす

VOLUME ・・・ MASTER,KEY,BGMともに50。マイク音量比率上げるためにもう少し下げるかも

■WEBカメラ
ロジクール製 QCAM-200SX
※ロジクールの最新ウェブカムソフトウェアには、パン・チルト・ズーム機能がない!
その為、同梱CDのソフトウェアをアップデートせず、そのまま使用中。

次回で特に問題が見られなかった場合、これで配信テストを最終とする予定。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

megaphone

Author:megaphone
2009年03月 藤沢のゲーセンにてIIDX 16 EMPRESS。
腕前変わらず万年10段でした。
IIDX NAME:DEA9
LR2ID:27

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
音ゲー分類タグ
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。