megaphone diary - LR2SKIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改変スキンをちょこっと修正

前回の記事

1.IR人数5桁表示
2.選曲バーエリアぶち抜き検索窓
(LR2の「/path」コマンドで長いフォルダ名を見やすくするため)
3.混雑時のIR自動更新されない状態で「IR BUSY」表記されない問題箇所を修正
_
ht51_dfv2_append_up5.png

※注意
DecideのLINK機能(画像フォントを読み込みせずquick決定)を使う場合、
選曲・決定スキン両方ともappendスキンで揃えて下さい
本家ht51や旧型改変スキン、他のセレクトスキンとの組み合わせも動作上問題ないですが、
決定時の曲名表示がおかしくなるか、バグります
[-Other SKIN-]モードであれば新たに画像フォントを読み込むので正常表示されます

前回と同様append型で、ht51DFv2本体フォルダの中身は上書きしません
↓↓↓
DOWNLOAD
↑↑↑

パスは「sage」です

ht51 -Deep Forest- v2本体の配布サイト
LR2beta3用 "ht"シリーズ スキン置き場
※上記サイトで本体フルセットがダウンロードできない場合、
 [Select]単体
 [Decide]単体
 [Result]単体
の3つで本体フルセットとなるので、個別Downloadで入手しましょう
スポンサーサイト

ht51-DeepForest-v2 20110917版を自分用に改変し終わった

以前の記事
続きの記事の続き

比較
ht51 -Deep Forest- v2_appendスキン時のフォントサイズ比較の図

セレクトモード、決定画面において選択した曲名が
より大きめでインパクトのあるタイトルフォント表示を目指しました。
使用上ライセンスに当たり障りのなさそうなフリーフォントから厳選し、
オリジナルの色合いをなるべく損ねないように、

・・・うまくいったかどうかはどうなんでしょ?

自分用に青系のみだったけど、細々と配布も意識して4色用意。
DECIDEスキンに「push any key」でプレイ開始なモードも搭載。

あと、元の機能を犠牲にした(改悪?)箇所も数点あります。
詳しくは同梱readme2.5.txt参照をば。

今回の差分は「別フォルダ型」なので、既存スキンを上書きせず利用できます。
前回改変差分を適用してる人も、後で削除したくなった人も安心してお試しあれ。
↓↓↓
DOWNLOAD
↑↑↑

パスは「sage」です

ht51-DeepForest-v2本体の配布サイト
LR2beta3用 "ht"シリーズ スキン置き場

以下だらだら駄文
改変スキンができるまでの過程を綴ってます。。。

» 続きを読む >>

ht51-DeepForest-v2 20110917版を自分用に改変してみた

晒し上げスレのあれ 記事の続き

そして、ht51 -Deep Forest- v2が20110917版にバージョンアップしました。
配布サイトはこちら
過去に挙げた俺の望む機能が一部搭載されちゃいました。恐るべし!
制作されたmoge-laaさんへ採用していただいたお礼を申し上げます。
デフォルトの真ん中を突き進んでいく背景動画がかっこいい!

そして今回のスキン向けに、不足した俺得改変差分を作っちゃいました。
・主な変更箇所
①テキストフォントを10→14pixに拡大。SHIFT-JIS第二水準まで収録
②出だしLOADINGアニメをカットし、曲開始までの時間を短縮化
③壁紙鑑賞モード時の黒マスク上下効果を除去
④P-ATTACK表示(PA表示)
※同梱readme2.txtより抜粋

LR2 2011-10-18 02-25-27
修正前のキャプ画面

LR2 2011-10-18 02-27-25
改変差分適用後

以前までcsvファイルをnotepad.exeで眺めてた俺にしては頑張った、うん。
前回の①で第一水準+αにケチったら、文字欠けBMSが続出したので変更。
②の各time値の調整作業が膨大すぎて、何度ふとんへダイブしたことか。
選曲までの最初1秒ぐらい大人しく待てば良かったかも?と思ったりしてもうアレ
④のPAマークはstaiwayのピンクの背景色っぽく変化させてみた。

なんか思いついたらまたどっか弄るかも、です。

※改変差分ファイルをアップしました。
お試しになられる方はどうぞ。
上書きする前に、元スキンデータのバックアップを忘れずに!!
↓↓↓
DOWNLOAD
↑↑↑

パスは「sage」です

(追記)
ht51-DeepForest-v2 20110917版を自分用に改変し終わった

晒し上げスレのあれ

ht51 -Deep Forest- v2 skinに望む機能 の続き

結局自分で手を加えちゃいました。
csv・lr2skinファイル内の構文やら試し出力やらで相当日数かかったけど、
フォントデザイン変更以外は、ほぼ実現できました。

どうやら、Deep Forest v2の制作者さんご本人が次のバージョンを構想中の模様。

(追記)
ht51-DeepForest-v220110917版を自分用に改変してみた

ht51 -Deep Forest- v2 skinに望む機能

今までht51 -Deep Forest-スキンを愛用してたが、
この新型スキン、とにかく見た目がカッコイイ!

壁紙鑑賞モード、通常フォルダ上でも発狂難易度が表示されるのは画期的
多彩なカスタマイズパターンにht7641 -RDD-同様新たなアイデア・実験要素あり

ででで、オレ仕様として以下の機能があればなぁとかメモめも

・タイトル・ジャンル・アーティストフォントを変更
もうちょい大きめでインパクトあり目な感じに自力で改変予定。

・Exライバルスコア差分表示
LR2デフォスキンの構文を引用して弄ればおk。
あと、他ライバルデータも比較しやすいように配置を変えようかと。

・AUTO UPDATEカウンター
LR2デフォスキンの構文を引用して弄ればおk?

・Loadフェイドインアニメのオフ
曲開始までの読み込みを早くするため。短気でスイマセン。。。
各構文のDSTのtimeを調整(-1000ぐらい?)すれば実現できそう
時間かかりそう

・検索窓の拡大・場所を下に移動したい
配信用に左上はスペースを空ける
デザインバランスを大幅見直しの可能性

・DJネームの日本語対応化
そもそも5x5のサイズに全角文字が収まるわけないですもんね。
となると、フォントデザインとサイズから見直しですか(白目
ちなみに「美咲フォント」は空白入れて6x8らしい。
ただ、TTF→フォントユーティリティーの工程だと、ならではの精度が落ちてしまうのよね。
pngから拝借して手動でペタペタ…時間ががg

・Decideに「push any key」を導入
押した瞬間に曲名・stageファイルが同時表示されるのは恐らくこのスキンだけ?
ボタン押しでスキップに加え、stageファイルをじっくり見られるようにする為。
LR2デフォスキンの構文を引用して弄ればおk?

・Decideタイトルフォントも変えたいな
あと、長文ジャンル・曲・アーティスト名表示対策でw値を大きめに調整してみる

メモめも終わり。
機能の一部、作者さんの掲示板にて実装を要望・提案してみるかもです。

(追記)
晒し上げスレのあれ

フォントを読みやすく変更する為の手探りメモ

1.LR2files\スキン関連ドキュメント\fontUtil\FontUtil.exeを実行

・コンバートファイルパス
同梱のsample\SHIFT-JIS.txtを指定

・マップファイル
指定しなくても作成可

・出力データ名
作成されるlr2fontとtgaのファイル名

・フォント書体・サイズ
お好みで

・サンプリング数
ぼかし加減、2あたりで

・押し出し・エッジ
お好みで。チェックしなくても作成可

・テクスチャサイズ
とりあえずデフォでおk

2.作成ボタンを押すと以下のファイルが生成される。
font.lr2font
font_00.tga
font_01.tga
...

3.これらのファイルを一つのフォルダに収納
4.スキン関連ドキュメント\DxaEncoer.exeにドラッグアンドドロップさせる。
フォルダと同名の.dxaファイルが生成される。

この後、csvファイルを開いてシステムフォントの変更に成功。

zzz...スキンフォント作成

4H
9:00~13:00

~17:00
GIMPを使って透過保存する記事を作るのに4時間余りって…

18:00~
続・スキンいじりしながら、明日の晩飯予定をメールでやりとり
フォントユーティリティーの仕組みを理解
アンチエアリアス … 輪郭ぼかし効果。文字サイズが小さすぎると逆効果かも

・検索用語
「html表記 カラー」
カラーチャート
「叙々苑」
「ハマボールイアス」
「半角は何種類」
「読みやすいフォント」

■LR2の仕様メモ
・.lr2font内の「#S」は縦pix、「#T」は定義、「#M」は?文字間隔かも。
#R,9から500近くまでは半角文字
#R,527から15306までは全角文字
・.dxaはフォルダとその中身をひとつにまとめたファイル
DxaDecode.exeで解凍、DxaEncode.exeでdxaファイルに固まる。感覚的に使える。
・手書きメモは偉大
・日本語フォントと英数字系フォントの相性の悪いったらありゃしない
フォントユーティリティーで作成される
・font_00.tgaのみに英数字系フォントの半角文字を詰め込む(512x512とか)
・今度は日本語フォントで、半角・全角全てのJIS系txtをコンバートにかけ
font_00.tgaと他0x.tga構成に英数字フォントをばらして、後ろの
font_0y.tga以降の全角フォント図形ファイルを抜き出す(256x256とか)
・前者と後者のlr2font内の該当する#R,9系と#R527以降の行を繋ぎ合わせる。
・この技を使えばもう少しフォント画像の作成パターンを増やせる
フォントユーティリティーの話はこれぐらいにして
・readmeの文字フォントとサイズを改造。
LR2デフォはいまいち読みにくい。読みやすい晒スレの某スキンを手本にしつつ、
フォントユーティリティーを駆使してメイリオフォント#S,16 アンチエアリスx2
フォント色は白(テクスチャーなし)で一から作った。
LR2\SELECT\optfntとSELECT.csv内のSRC_TEXT行で(size=16)に変更で成功するが、
検索窓内のフォントバランスが崩れた。

以降また後で。

水曜晩に職業「な」行で終わってからの脱線ぶりときたら

透過色の保存

PNG・GIFファイルに透過色が保存されてることを知らなかったチュドーン

LR2用壁紙・スキン弄りに、有名編集ソフトが使いこなせず
ペイントやIrfanViewを使用してた。
「IrfanViewってその名のとおり、閲覧ソフトじゃないの?」
実は、サイズ変更、切り取り、文字入れ程度の編集機能があるのよね。

ただ、問題は透過色付きでの保存に関しは大雑把。
例えば黒色を透過色に指定した場合、黒い境界線・背景等の実在色が
まるごと透過色にされてしまうわけだ。

musicselect_before.png → musicselect_after.png
(IrfanViewで保存後、フォントの影がツルンツルンになったケース)

musicselect_before.png → musicselect_after2.png
(ペイントの場合、透過色保存自体の機能がない為こうなる)

そ・こ・で、GIMPをインストール。
バックに表示されてるチェッカーボードの下地が透過色エリアだと把握した。
今回は前回わけ分からずアンインストした二の舞にならないように、

「コピペ」「アンドゥ・リドゥ」「スポイト」「塗りつぶし」「表示倍率の変更」

この操作方法だけ覚えた。うん、これだけでも充分使えるぞ。
そして「透明ピクセルの色の保存」にチェックして、とりあえず保存完了、と。

musicselect_after3.png
(こんな感じに弄った後も、透過情報が維持されてる)

以下駄文

「フリーのお気に入り英語系フォントと日本語フォントをLR2セレクトの曲名フォントにする」
LR2付属のフォントユーティリティーの変換から定義するまでの情報が見当たらない。
自力でやれってことだろうけど、このミッションはひとまずあきらめるか長期保留。
(追記)
フォントユーティリティは日本語が収録されてるフォントのみ引用可能?
もしくはフォトリンクとか別の要因もからんでるかもしれない。
フォントの編集はFontforge等を使う。
ただ、変換後も文字間隔調整など地道な修正が必要かも。
てか、使いこなせてないだけか。

ということで、次は.csvファイルを参照して
・トータルノート数、EXスコアMAX値の表示場所移動
・AUTO UPDATEカウント表示
ができたらいいな。

LR2スキン改造(PA表示) 追記

PA表示に改造 「PERFECT」
「PERFECT」再現
応用してこんな感じにしてみた。実際は「PERFECT」文字が鈍く(?)光ります

・使用ソフトはおなじみ「ペイント」と「IrfanView」
・フォントはhttp://www.dafont.com/より「Rexlia Free」を入手
・ペイントで「PERFECT」と文字を打ち、適当なサイズにして保存
・Irfanviewのエンボス処理・色調補正処理で3パターン作成。
・この3つのイメージを↓のようにくっつけて保存。透過指定できる「png」形式がおすすめ。
「PERFECT」素材
・あとは、(div_x,div_y)=(1,3) cycle=80 辺りに設定して、お好みのスキンの場所に表示

ちなみにこのDeep Forestスキン、レベルバーの数字が表示されずバグかな?と思いましたが、
LR2IR本体の設定「難度フィルタを使用しない」のチェックをはずすと表示されて解決しました。

LR2スキン改造(PA表示)

PERFECT Attack、P.ATTACK、P-Attack、略してPA。
こんな機能を求めてる人は、おそらくごく少数であろう。
スキン搭載の要望を出すより、自分で好きなマークをつけちゃえみたいなノリ。
だがだが、こりゃまた鬼のように時間がかかったのと、自分のデザインセンスのなさに泣けてくる。

1.セレクトスキンのcsvファイルを開く
2.「画像定義」に以下の項目を追加

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
#IMAGE,LR2files\Theme\使用してるスキンフォルダ\Select\PA表示画像.png,,,,,,,,//7,,,,,,,,,,,
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑

3.「クリア状態」に以下の項目を追加

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
//P-ATTACK,//option122 クリア済みオプションフラグ(PERFECT ATTACK),,,,,,,,,,,,,,,,,,,
//SRC定義,(NULL),gr,x,y,w,h,div_x,div_y,cycle,timer,op1,op2,op3,,,,,,,
#SRC_IMAGE,0,7,0,0,145,67,5,1,800,0,0,0,0,,,,,,,
//DST定義,(NULL),time,x,y,w,h,acc,a,r,g,b,blend,filter,angle,center,loop,timer,op1,op2,op3
#DST_IMAGE,0,1000,390,160,29,67,0,0,255,255,255,0,0,0,0,1200,0,122,624,0
#DST_IMAGE,0,1200,390,160,29,67,0,255,255,255,255,0,0,,,,,,,
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑

それぞれの数値の意味、まずはSRC(ソース)定義中の文面から。
・gr=7
読み込む画像ファイルの番号

・(x,y)=(0,0)
画像ファイルの読み込む始点

・(w,h)=(145,67)
画像サイズ。アニメーションで分割されてる場合、読み込む合計サイズを指定。

・(div_x,div_y)=(5,1)
diversionつまり分割。読み込む画像に5つのアニメを横に並べて保存してるケースの設定。

・cycle=800
アニメーションの周期。数字を大きくすればゆっくり。いろいろ試して調節するが吉。

続いてDST(デスティネーション)定義
・(x,y,w,h)=(390,160,29,67)
↑でSRC定義したグラフィックの置く場所と範囲。曲バーの左に来るように指定した。

・op1=122
発動条件がPA。

青文字の部分は自分で考えて入力したところ。あとはよく分かんねー

PA表示に改造した例
燃え盛る難易度表記エリア!?
元のスキンは、曲タイトルが見やすいht51 -Deep Forest-を使わせていただきました。

なんでこんなことしたかっつーと、以前せっかく作ったのに改造したファイルごと削除してしまい、
再度改造しようと思ったら、俺の頭が悪すぎてやり方を全く覚えてなかった為だ。
理解したことをずらずら文章にまとめただけなんで、まさに自分用乙。

記事の続き
LR2スキン改造(PA表示) 追記

LR2スキン改造(というよりちょっと弄っただけ)

OA DX+v2.61の残り時間表示を経過時間に変える方法

1・・・AC7right.csv(自分のプレイ側.csv)を開く
2・・・「経過時間」の記載してある行を探す(Ctrl+F4押し)。
3・・・以下の数字163→161、164→162に変更(青文字部分)

↓ ↓ ↓ 以下、csvファイル内記述文 ↓ ↓ ↓

//残り時間分,number163 残り時間分,
//SRC定義,(null),gr,x,y,w,h,div_x,div_y,cycle,timer,num,align,keta,
#SRC_NUMBER,0,1,468,472,88,14,11,1,0,0,161,0,2,
//DST定義,(NULL),time,x,y,w,h,acc,a,r,g,b,blend,filter,angle,center,loop,timer,op1,op2,op3
#DST_NUMBER,6,500,126,293,8,14,0,0,255,255,255,1,0,0,0,1000,0,0,0,0
#DST_NUMBER,0,1000,126,293,8,14,0,255,255,255,255,1,0,0,0

//残り時間秒,number164 残り時間秒,
//SRC定義,(null),gr,x,y,w,h,div_x,div_y,cycle,timer,num,align,keta,
#SRC_NUMBER,0,1,468,472,88,14,11,1,0,0,162,0,2,
//DST定義,(NULL),time,x,y,w,h,acc,a,r,g,b,blend,filter,angle,center,loop,timer,op1,op2,op3
#DST_NUMBER,6,500,146,293,8,14,0,0,255,255,255,1,0,0,0,1000,0,0,0,0
#DST_NUMBER,0,1000,146,293,8,14,0,255,255,255,255,1,0,0,0

//”TIME”
//SRC定義,(NULL),gr,x,y,w,h,div_x,div_y,cycle,timer,op1,op2,op3,
#SRC_IMAGE,0,1,468,457,56,14,1,1,0,0,0,0,0,
//DST定義,(NULL),time,x,y,w,h,acc,a,r,g,b,blend,filter,angle,center,loop,timer,op1,op2,op3
#DST_IMAGE,0,500,90,293,56,14,0,0,255,255,255,1,0,0,0,1000,0,0,0,0
#DST_IMAGE,0,1000,90,293,56,14,0,255,255,255,255,1,0,0,0,0,0,0,0,0

↑ ↑ ↑ 以上、csvファイル内記述文 ↑ ↑ ↑

なぜこんなことしたかというと、
下記のBMS配信で、曲の長さをお伝えすべく、
経過時間(TIME)をスキン画面上に見せたかった為です。
で、私の場合、配信中は画面左端がWEBカメラで隠れてしまうため、
経過時間表示位置をずらした(水色数字が変更箇所)


OADXv2.61の残り時間位置
修正前のデフォルト位置。画面は曲の開始地点でTIMEは残り時間表示。

OADXv2.61のCSV内記述を修正後の経過時間表示
青文字水色部分を修正後。画面は曲の終了地点間際。
プロフィール

megaphone

Author:megaphone
2009年03月 藤沢のゲーセンにてIIDX 16 EMPRESS。
腕前変わらず万年10段でした。
IIDX NAME:DEA9
LR2ID:27

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
音ゲー分類タグ
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。